不眠の子守唄

海外文学などの書評や洋楽のレビューを書いているブログ。

2020-04-11から1日間の記事一覧

オーウェル『1984年』あらすじ・考察ー「二重思考」の恐ろしさと警句

20世紀に書かれた最高のイギリス文学は? というランキングで、たいてい1位に君臨するのが、このジョージ・オーウェル『一九八四年』である。 この作品は、いわゆる「ディストピア小説」である。その後のディストピア小説に大きな影響を与えたのはもちろん、…